サービスの体験 ≫ 要整備が多すぎて車検中止

立会い車検で説明が止まらない

車検の時期が来たので、立会い車検がウリのホリデー車検に行ってきました。 ネットで申込んで、電話で日時を確認して行きました。

約束の時間に整備工場に到着すると、一通り車検完了までの手順の説明がありました。 そして整備士さんがクルマを見ている間、しばらくの待ち時間。 備え付けのコーヒーを飲みながら、マンガや雑誌を見て待ちました。

暫くすると、呼び出しがあり、リフトアップされた愛車の前に案内され、そこで整備士さんからの説明が始まりました。

説明を聞いていたら、問題箇所が次々に出てくる。出てくる。 さっきこの整備工場に持ち込むまでは、特に違和感なく乗ってた車なのに、こんなに悪かったの? まぁ、さすがに13年落ちで、メンテをサボってた車だけに、不具合がいっぱいあっても仕方ないかも。 たとえば・・・

マフラーの穴、安く直せない?

整備士さんが「マフラーに穴が見つかりました」と、穴を指差してくれました。 でも小さくて、それが問題なの?って思ってたら、穴があいてると車検は通らないとのこと。

でも、マフラーって取換え修理だとけっこう高い! それで、「安く処置する方法はないですか?」と聞いてみました。

するとこの場合、(1)パテ埋め、(2)溶接、(3)中古部品で交換、という方法があるそうです。 溶接はパテより強力だけど、作業のとき一旦、マフラーを車体から外す必要があり、万一予想以上に腐食が進んでいた場合、車体から外す作業でマフラーがコナゴナに崩壊する可能性もあるとか。 パテ埋めなら現状で問題箇所だけ塞ぐので、マフラー崩壊のリスクはないとのこと。

さらにパテ埋めが最も安いという説明だったので、パテを選択。

要整備が多くて予算が心配に

予想外の要整備箇所の数と内容に、予算のほうも心配になりかけてたら、それを察したのか?あるいは整備士さん自体があきれちゃったのか? 説明を終えた整備士さんが、場合によっては「車検中止でもかまわない」的なことを付け加えました。 明言すると失礼と感じたのか、遠まわしな表現でしたが。。。

最後に、今は整備しなくてもいいけど、次の車検ではヤバそうな箇所も教えてもらいました。

それはシャシでした。 シャシの一部が錆びて、穴も! シャシは交換できないので、直すとすれば板金修理しかないとのこと。 残念ながらこの整備工場では板金をやってないので費用までは分からないとか。 ま、今回車検を通しても、次回もまた高い車検費用がかかるということです。

車検中止か?決行か?

見積書をもらい、整備士さんの説明も参考に、いっそのこと車検はあきらめて手放すことにしたのでした。

ちなみに、どうせ手放すなら、前から気になっていた、ネットの愛車無料一括査定を試そう!と思って、やってみました。 すると、廃車ではなく、売ることができました。

13年落ちで、車検をあきらめるほどガタがきてる車なのに・・・、オマケに査定時には、修復歴がある事が判明したのに、それでも売れたのには驚き&喜びでした。


このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

一日で3度キップを切られた人|懲りないスピード違反
仕事で県外への出張。3県にわたる高速道路の運転。時間には間に合うように出発したはずなのに、ドライバーはスピードを出したい派。どんどん飛ばして走っていると、スピード違反で捕まりました。しかも1県1回づつで3県分。.....

タイヤにちなんだトラブル・失敗談
駐車してたらタイヤの空気が全部抜かれてた体験、タイヤの溝ゼロそれでも乗り続けるとどうなるか、自分でタイヤ交換にてものすごい渋いネジだと思ったらネジ山が崩れてて、などなどタイヤにちなんだトラブルや失敗談など。.....

走行中のエンジントラブル体験とその対処
夜のドライブの帰り、気持ちよく走ってたのに、急にエンジンが止まってしまい・・・。片側二車線の国道の右側車線を走行中、突然エンジンがストップ。キーを回してもエンジンがかかりそうな気配さえなしで・・・。.....

ネットの一括無料査定を体験|修復歴あり13年落ちでも売れた
インターネットで利用できる話題の愛車無料一括査定を体験しました。愛車は13年落ち。しかも査定で修復歴があることも判明。それでも、廃車ではなく売れました。メンテナンスもめんどくさがりで、査定前の掃除もテキトーな状態でしたが・・・。.....

ナットク!整備を選ぶ車検|快適&節約|「お任せ」と「激安」の中間
自動車の車検、規制緩和でユーザー車検が可能になり、車検のパスに特化した激安車検も登場しました。以前の車検は、次の車検まで快適に乗るための消耗品・部品交換などを先取りして行ったりして、車検結果に直接影響しない部分もフォローしてました。.....

Copyright © 2009-2019 カーライフ体験談団 失敗!勘違い!の先は「笑い」と「気づき」. All rights reserved